IT JOURNAL トップ記事の書き方

記事の書き方

記事の構成と作成のポイント

このサイトの特徴

タイトル・サブタイトル
リリースのタイトルです。できる限り一般的な言葉で、簡潔に、わかりやすく表現します。
リード文
詳細を読んでもらうための導入部です。アピールしたい内容を、要約して伝えます。2~3行程度で、「このリリースは何という会社の何についてのものなのか」がわかるようにまとめてください。要素は「5W1H」を意識しましょう。
本文
リリースの詳細です。
アピールしたい物事を、できるだけ詳しく紹介します。
イベントであれば、日時や場所、参加条件、費用などを明記してください。
商品であれば、内容、価格、購入方法などを明記してください。
フッタ部
問い合わせ先を記入します。
社名、担当部署、担当者、電話番号、住所、URL、メールアドレスなどが主な要素です。
自社のプロフィール(事業内容など)を簡単に記しておくこともお勧めします。

記事作成のルール

プレスリリースは、いわゆる広告ではありません。大げさな表現や主観的過ぎる内容は、逆効果になります。いかにわかりやすく、正確かつ簡潔に訴えかけるかが重要です。記事を作成したら、再度、以下の項目をチェックしてみてください。

  • 1. 扱いたいテーマがはっきりしていますか? 1つのリリースにたくさんのテーマを詰め込みすぎると、散漫になり、わかりにくくなります。
  • 2. 専門用語を使いすぎていませんか? 読む人のことを考え、できるだけ一般的でわかりやすい表現を使ってください。どうしても専門用語が必要な場合は、別途注釈を入れましょう。
  • 3. 自画自賛、誇大広告になっていませんか? プレスリリースは、記事の信用性が第一です。事実以上の誇大広告になっていないかどうかは入念にチェックしてください。特に、「NO.1」「オンリーワン」「初」などの表記をする場合は、それが事実だとわかるよう、根拠も示しておきましょう。
  • 4. 必要な条件は書かれていますか? イベント等の告知の場合、それがいつまで有効なのか、どんな条件があるのかなどは、大切な要素です。期限や条件の記載漏れがないかどうか、しっかりと確認してください。
  • 5. 読みやすい文章になっていますか? 一文や段落が長すぎると、わかりづらくなりがちです。できる限り、一文は2行程度に、段落も4、5行程度に収めましょう。

以上のことに気を配りながら、ぜひ、有効なプレスリリースを作成してください

  • このサイトの特徴
  • 広告に関するお問い合わせ

スパムメール CHECKER

閲覧ランキング

  1. LGエレクトロニクス、省エネモード搭載モデルの液晶モニター「IPS231P-BN」を発売 - 17,309 views
  2. リンクス、iChargeシリーズ「USBハンドウォーマーIC-Warmer」のノベルティ事業を開始 - 16,424 views
  3. 「BookGate」でEPUB3.0形式の電子書籍提供 - 16,315 views
  4. 富士通、最大23.2ペタフロップスの理論演算性能が可能なスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を販売 - 16,313 views
  5. 7/11(水)C&R社×CSS Nite クリ☆ステVol.3 「Web制作でも重要なIllustratorのアレコレ」開催のご案内 - 16,265 views

記事の掲載をお考えの方へ

広告の掲載をお考えの方へ

お問い合わせ

ページの先頭へ