IT JOURNAL トップその他双日システムズ、ディザスターリカバリーサービス「nDRクラウドサービス」を開始

その他

2011年11月7日 23:46

双日システムズ、災害時のシステムリカバリーの新クラウドサービスを開始 ~データだけでなくシステムも低価格でバックアップし、迅速な復旧が可能に~ =米ノベル社製ディザスターリカバリーツールを活用=  双日株式会社の子会社で [...]

双日システムズ、ディザスターリカバリーサービス「nDRクラウドサービス」を開始

双日システムズ、災害時のシステムリカバリーの新クラウドサービスを開始
~データだけでなくシステムも低価格でバックアップし、迅速な復旧が可能に~
=米ノベル社製ディザスターリカバリーツールを活用=

 双日株式会社の子会社でソフトウエア開発や通信ネットワークサービスを手掛けている双日システムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小幡和徳)は、クラウドコンピューティングを活用した、地震などの災害・障害時におけるデータおよびシステムのバックアップ・復旧を行う新しいディザスターリカバリーサービス「nDRクラウドサービス」を11月21日より開始します。また、同サービスを実現するツールとしてノベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:徳永信二)のディザスターリカバリーツール「PlateSpin Protect(プレートスピン・プロテクト)」を採用します。PlateSpin Protectは多くの実績を有するツールであり、双日システムズはこれを活用し、国内で初めてディザスターリカバリーサービスとして提供致します。

【双日システムズのnDRサービス概念図】

 ※添付の関連資料を参照

 従来の災害対策(DR)サービスでは、データのみバックアップするものが多く、システム復旧時に、アプリケーションの起動・正常化のための時間が数週間程度発生し、災害時の被害状況の把握や、対策、復旧見通し策定などへの障害となっていました。また、オンプレミス(個別企業向け)DRでは、初期費用が数千万円必要になるなど、投資コストが高く、導入への大きな負担となっていました。

 双日システムズの「nDRクラウドサービス」は、データだけではなく、システムを丸ごと遠隔地のクラウド基盤にレプリケーション(コピー)します。1日1回の同期を行うため、災害時には利用者のサーバの設置場所に関わらず、アクセス先を変更するだけで、数時間程度の素早い復旧が可能となります。また、クラウド基盤の活用により、月額使用料10万円と低コストに抑えることができ、製造業・流通業を中心とした中小企業のニーズに応えられる低価格のサービスです。

 さらに、「nDRクラウドサービス」は、「PlateSpin Protect」の機能を活かし、サーバの設置場所や使用しているソフトウエアに依存することなくシステムを丸ごとバックアップできることが特長で、サーバを自社に設置している場合、またはデータセンターを利用しているいずれの場合にも利用可能なため、利便性が高いというメリットがあります。

 東日本大震災後、企業の危機管理に対する意識が高まり、企業が事業活動を行う上で必要不可欠であるITシステムの安全性を確保するためにも、改めてBCPの見直しを行う企業が増えています。DRサービスの市場は、2011年度の1760億円から、2016年度には2800億円まで約60%拡大すると予測される有望市場です。

 「nDRクラウドサービス」は、双日システムズとしては初めてのクラウドサービスで、同サービスで2014年度の売上高3.5億円を目指します。双日システムズは、双日グループの日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瓦谷晋一)、さくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中邦裕)と連携し、利用者が安心してデータ・システムを補完・運用・管理できるサービスの開発・提供に取り組んでいきます。今後も双日グループ一体となって、様々なICT分野において、幅広く連携していきます。

■参考情報

<nDRサービス価格(予定)>
 初期費用:35万円
 サービス利用料:月額10万円(利用期間1年以上)
 ブート料:1システム(OS)当たり1万5千円/回

<PlateSpin Protectについて>
 ノベルのディザスターリカバリー/バックアップ製品「PlateSpin Protect」は、独自の仮想化移行技術で、仮想、物理を問わず保護対象サーバのワークロードをまるごと仮想マシンにバックアップ(保護)し、データの同期を行います。これにより、プロダクション・サーバに障害が生じた場合、管理者は仮想マシンにあるバックアップ・データを迅速に立ち上げ、瞬時に業務継続を行うことができます。物理、仮想やWindows、Linuxに関わらず、すべてのサーバ・ワークロードを対象とした一元化したディザスターリカバリー計画を立
てることができます。
 (PlateSpin Protectに関する詳細:http://www.novell.com/ja-jp/products/protect)

<会社情報>
 会社名:双日システムズ株式会社
 所在地:東京都品川区南品川2-2-10
 役員:代表取締役社長 小幡 和徳
 株主:双日株式会社(100%)
 URL:http://www.sojitz-sys.com/
 会社名:ノベル株式会社
 所在地:東京都品川区西五反田3-6-21
 役員:代表取締役社長 徳永 信二
 株主:The Attachmate Group, Inc.
 URL:http://www.novell.com/ja-jp/home/

スパムメール CHECKER

閲覧ランキング

  1. LGエレクトロニクス、省エネモード搭載モデルの液晶モニター「IPS231P-BN」を発売 - 19,015 views
  2. リンクス、iChargeシリーズ「USBハンドウォーマーIC-Warmer」のノベルティ事業を開始 - 18,141 views
  3. 富士通、最大23.2ペタフロップスの理論演算性能が可能なスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を販売 - 18,022 views
  4. 「BookGate」でEPUB3.0形式の電子書籍提供 - 18,015 views
  5. 7/11(水)C&R社×CSS Nite クリ☆ステVol.3 「Web制作でも重要なIllustratorのアレコレ」開催のご案内 - 17,961 views

記事の掲載をお考えの方へ

広告の掲載をお考えの方へ

お問い合わせ

ページの先頭へ