IT JOURNAL トップサービス海外拠点向けにWAN高速化ソリューションを強化

サービス

2012年5月31日 17:24

-WAN高速化製品「Steelhead」の海外拠点向け製品調達からサポートまでをトータルに実施- 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下:当社)は、WAN高速化ソリューション製品「Steelhead」の海外 [...]

海外拠点向けにWAN高速化ソリューションを強化

2012053117172439.jpg
-WAN高速化製品「Steelhead」の海外拠点向け製品調達からサポートまでをトータルに実施-

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下:当社)は、WAN高速化ソリューション製品「Steelhead」の海外提供について、オレンジビジネスサービス(以下:オレンジ)と連携し、製品調達から保守サポートまでトータルなご支援を5月31日に開始します。

お客様が同製品を海外で使用される際にかかる輸出手続きの手間を省略し、24時間365日のサポート窓口を提供することで、海外でも安心してご利用いただくことができます。これにより、当社はお客様へのサービスを向上します。

近年、各企業では、セキュリティ強化や運用効率化を目的にサーバを集約する傾向にあります。さらに海外市場への対応やオフショア開発により海外拠点を拡大する企業が増えており、国内拠点と海外拠点でのサーバ集約も実施されています。しかし、ネットワークの帯域不足や通信トラフィック増加によるWAN回線のレスポンス低下などの課題があり、国内拠点と海外拠点間でWAN高速化装置の導入を検討するケースが増加しています。

そこで、当社はWAN高速化ソリューションの提供により、お客様の課題解決をご支援しています。今回当社が連携するオレンジは、フランステレコムグループ傘下で、日本を含む220の国と地域で法人向けに国際ネットワークサービスを提供しており、当社ソリューション製品「Steelhead」の開発元であるリバーベッドテクノロジー株式会社のグローバルパートナーに認定されています。そのため、同製品に関し高いノウハウがあり、海外拠点においても国内と同様、製品の導入支援からサポートまでを提供することができます。

万一、海外拠点で機器に障害が発生しても、迅速に交換や問い合わせ対応が実施できます。各国に拠点があるため、時差や言葉の壁を気にすることなく24時間365日問い合わせ対応が可能で、国内と海外のサポート体制を一本化することができます。

当社は、オレンジとの連携により、海外拠点を持つお客様にもWAN高速化ソリューションを安心してご利用いただける環境を提供し、お客様の業務効率の改善をご支援していきます。

【「Steelhead」海外拠点向けサービスの特長】
1.海外に拠点を持つお客様も安心してご利用可能
・220の国と地域でサービスの提供が可能。セールス拠点も166ヶ所に展開
・機器交換や拠点間移設の際も、輸出入業務の代行が可能
2.グローバルなサポート体制を一本化
・各国間で標準化された運用/保守サービスの提供が可能
・各国間のサポート情報を共有し、迅速なトラブル対応が可能
3.24時間365日、安心な問い合わせ窓口を提供
・コールセンターは24時間365日、日本語を含む14ヵ国語での受付が可能
・大半の国でフリーダイヤルで受け付け可能

【 販売価格 】 個別見積もり

オレンジビジネスサービスについてhttp://www.orange-business.jp
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて http://www.ssl.fujitsu.com
≪お問い合わせ先≫
富士通SSL 広報室
電話:044-739-1520
E-mail:ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

スパムメール CHECKER

閲覧ランキング

  1. LGエレクトロニクス、省エネモード搭載モデルの液晶モニター「IPS231P-BN」を発売 - 19,660 views
  2. リンクス、iChargeシリーズ「USBハンドウォーマーIC-Warmer」のノベルティ事業を開始 - 18,800 views
  3. 富士通、最大23.2ペタフロップスの理論演算性能が可能なスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を販売 - 18,681 views
  4. 「BookGate」でEPUB3.0形式の電子書籍提供 - 18,667 views
  5. 7/11(水)C&R社×CSS Nite クリ☆ステVol.3 「Web制作でも重要なIllustratorのアレコレ」開催のご案内 - 18,601 views

記事の掲載をお考えの方へ

広告の掲載をお考えの方へ

お問い合わせ

ページの先頭へ