IT JOURNAL トップサービスゾーホージャパン、クラウド型Webサイト作成サービス「Zoho Sites」と Webメール「Zoho メール」を連携!  ~Webサイト管理画面からメールもそのまま一元管理~

サービス

2012年10月12日 10:21

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、Zohoのクラウド型Webサイト作成サービス「Zoho Sites」とクラウド型Webメールサービス「Zoho メール」を連携しました。 ■概要 Zoh [...]

ゾーホージャパン、クラウド型Webサイト作成サービス「Zoho Sites」と Webメール「Zoho メール」を連携!  ~Webサイト管理画面からメールもそのまま一元管理~

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、Zohoのクラウド型Webサイト作成サービス「Zoho Sites」とクラウド型Webメールサービス「Zoho メール」を連携しました。

■概要
Zoho Sitesは、ブラウザーさえあればどこからでもアクセスできるクラウド型Webサイト作成サービスです。ドラッグ&ドロップを基本とした簡単操作で、すぐにWebサイトを作成・管理できます。ホスティングも同時にできるので、自社サーバーを持つ必要もありません。社内システム管理者がサーバーの設定から解放されます。作成にはHTMLの知識も不要です。これまでに、クラウド型データベースZoho クリエーター、YouTube、Google AdWords、Google Maps、Google+、Facebook、Twitter、Flickr、Picasaとも連携してきましたが、今回、Zoho メールと連携しました。

本連携により、Zoho Sitesの画面内から、Zoho メールのメールホスティング機能を利用できるようになりました。画面を切り替えずに、Webサイトとメールを一元管理できるようになり、作業時間を短縮できます。また、自社ドメインの利用も可能で、Webサイトのドメインをそのままメールアドレスとして使えます。個人事業主、中小企業のビジネス利用に最適です。

・Zoho Sitesサービスページ(英語)
・Zoho メールサービスページ
・連携詳細動画(英語)
・各種お問い合わせ窓口

■Zoho Sites画面から利用できるZoho メール機能の詳細
【ドメイン管理】
新しいドメインの購入、複数ドメインの追加と管理、メールホスティング用ドメインの有効化/無効化、各ドメインのエイリアス発行、メールアドレスの作成/管理ができます。

【ユーザー管理】
ユーザーの追加/削除、ファイルまたはLDAPによるユーザーのインポート、ユーザーへの権限設定ができます。

【Zoho メール内メニューへのアクセス制限管理】
Zoho メールに組み込まれているカレンダー、連絡先、メモなどの他のメニューへのアクセス制限を、ユーザーの権限に合わせて設定できます。

【グループ管理】
グループの作成、管理ができます。グループ内で管理者を割り当てたり、グループごとにスパムを管理したりできます。

【メールの管理者機能】
メールのポリシー(送受信するメールの最大数、サイズなど)の設定、メールボックスの容量制限、メールボックスごとのメールの自動応答設定、特定のメールアカウントのブロック/ブロック解除ができます。

【IPアドレスによる接続制限機能】
アカウントに接続できるIPアドレスの範囲を定義できます。ユーザーの権限別にIPアドレスの範囲を指定できます。

■利用料金
本連携機能は有料です。Zoho Sitesプロフェッショナルプランにアップグレードし、メールオプションを購入すると利用できます。

・Zoho Sitesプロフェッショナルプラン+メールオプション:年間49ドル(1GBのメールボックス5つ)
・Zoho Sitesメールオプションのみ(既に有料版をお使いの方):年間10ドル

■利用方法
Zoho Sitesサービスページにアクセスし、ユーザー登録してください。

・Zoho Sitesサービスページ(英語版。※日本語入力可)
・Zoho メールサービスページ

■Zohoについて
Zohoは、全てのサービスに無料プランがついたクラウドサービスです。世界中に600万以上のユーザーがいます。開発拠点をインドに持ち、販売コストを抑えながらも最新の機能を提供します。現在30種以上のサービスがあり、活用範囲はプライベートからビジネスまで、多岐に渡ります。文書作成(Zoho ライター)、表計算シート(Zoho シート)、プレゼンテーション作成(Zoho ショー)などのオンラインオフィス、顧客管理(Zoho CRM)、請求管理(Zoho インボイス)、プロジェクト管理(Zoho プロジェクト)など、業務に役立つサービスが揃っています。

Zohoについてのより詳しい情報は、 http://www.zoho.jp よりご確認ください。

このページに掲載されている、製品名、企業名などの固有名詞は各社の商標である場合があります。(R)マーク、(TM)マークは省略しています。

■関連情報
ゾーホージャパン株式会社サイト: http://www.zoho.co.jp/
Zoho事業サイト        : http://www.zoho.jp/
Twitterアカウント       : http://twitter.com/#/@jpzoho
Facebookページ        : https://www.facebook.com/ZohoJapan

スパムメール CHECKER

閲覧ランキング

  1. LGエレクトロニクス、省エネモード搭載モデルの液晶モニター「IPS231P-BN」を発売 - 19,390 views
  2. リンクス、iChargeシリーズ「USBハンドウォーマーIC-Warmer」のノベルティ事業を開始 - 18,525 views
  3. 富士通、最大23.2ペタフロップスの理論演算性能が可能なスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を販売 - 18,404 views
  4. 「BookGate」でEPUB3.0形式の電子書籍提供 - 18,394 views
  5. 7/11(水)C&R社×CSS Nite クリ☆ステVol.3 「Web制作でも重要なIllustratorのアレコレ」開催のご案内 - 18,334 views

記事の掲載をお考えの方へ

広告の掲載をお考えの方へ

お問い合わせ

ページの先頭へ